読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リップスティック ’13

おもに海外の映画やテレビドラマを観た感想を書いています。

ウルトラ I Love You

 

f:id:HMMGT:20090811165739j:plain

ウルトラ I LOVE YOU! (2009年アメリカ映画。DVD鑑賞)

サンドラ・ブロックが2010年のアカデミー賞とラズベリー賞の主演女優賞をダブル受賞したことでも話題の作品。

もうこのサンドラ・ブロックの髪型だけでも見る気が失せるくらいですが、前評判の悪さもあって期待せずにみるとおもしろかったです。サンドラ・ブロック演じるメアリーはクロスワードパズル作家で雑学オタク。何かといえば自分の知識を一方的に早口でまくしたてるように話す人は現実にいる。正直うっとおしい。そのリアリティーがこの映画の評判をさらに落としてるのかもしれません。スクリーンでまでみたくないよ。こんな女って感じでしょうか。

この主人公は空気が読めず一方的ではあるけれど、基本的に優しい人間なのでそこが愛されます。だから、今まで友達も彼氏もあんまりいないっていう状況なのが納得できません。そこは作り話だからってことなんですが。映画が始まったときは友達もいない孤独な変人が映画の中で愛されていく…心を入れ替えた!とかだったらわかるのですが、主人公が変わるのではなくほだされた周りが変わっていくというときは気になり、自分の中で「これは映画だから」と言い聞かせなければいけないときがあります。

主人公の雑学オタクをうまくストーリーに絡めてはいるのですが、全体的にとっちらかっています。残念だったのは、重要な赤いブーツの秘密がたいしたことなくてがっかりでした。でも、最後にいい言葉で締めくくっています。

追いかければいけない人とはそもそも縁がない

両親のお膳立てで会った男がイケメンで即一目ぼれしてしまい、彼が何を言っても作り笑顔で何も言葉がでないところがすごくリアリティーがあって女が書いた話だろうなと思いましたが、この最後のセリフでこれは経験だなと感じ作者と握手した気持ちになりました。アラフォーで過去に恋愛で追いかけたことのある人だったらきついかもしれないけれど、自虐的に見て楽しめると思います。

f:id:HMMGT:20131012223239j:plain

そりゃ、こんなイケメンが現れるとトチ狂ってしまうのは仕方がない…

 

ウルトラ I LOVE YOU! [DVD]

ウルトラ I LOVE YOU! [DVD]