読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リップスティック ’13

おもに海外の映画やテレビドラマを観た感想を書いています。

ゼロ・グラビティ

ゼロ・グラビティ(原題:Gravity、2013年アメリカ映画、imaxシアターにて鑑賞)

ジョージ・クルーニーが、自分と同年代の女性と過ごすぐらいなら宇宙の彼方で死ぬことを選ぶ映画」@ティナ・フェイ

f:id:HMMGT:20140125141853j:plain

アラフォーは勘弁!

冗談はさておき、初めてimaxシアターを体験しました。普通の3Dとどう違うのかは私にはわかりませんが、聞くところによると、よりいっそうクリアーなんだそうです。確かに本当の宇宙のようでした。無重力も感じられ、臨場感がすごかったです。もちろん、画面も美しく、思わず地球は青かったと口にしてしまいそうなくらいでした。

上映時間は1時間半くらいなのにいい意味で長く感じました。それだけ濃縮された内容でした。緊張感が溢れまくったまま最後まで見せてくれました。後ろから、遠くから、かすかに聞こる音がだんだん近づいて来たり、涙の粒が目の前に漂って来たり、宇宙のがれきが目の前に飛んで来たりという3Dならではを余すところなく楽しめました。

内容は、不慮の事故にあった宇宙飛行士が無事に地球に戻れるか?というだけのものです。メイキングによると監督は言葉ではなく映像の比喩で見せたいとのことなので、セリフも少なくほとんど登場人物のバックグランドを説明されることはありません。なので、一つも要らないシーンはなく、瞬きさえ許されないような緊張感で観客目を画面にくぎ付けにします。

見に行く前は何の情報も持たずにいくことがお勧めです。

素晴らしい映画でした。

f:id:HMMGT:20140125143835j:plain

見た後は、Do you copy?が心に残ります。応答願いますとある字幕でなぜにcopy?と思って調べると宇宙用語のようです。

JAXA 宇宙で英語を学ぼう 【第15回】

ここで使っているCopyはI understand(理解しました)の意味です。私はあなたの話した内容を聞き取ってちゃんとcopyしましたというニュアンスです。

 サンドラ・ブロック扮する宇宙飛行士のライアンが絶望してCOPY!とひと言うシーンは号泣です。

メイキングを見ると、紐でつりさげられて動いていたのが驚きでした。本当に自然に無重力の中を動いているように見えたので。シンプルな話ゆえに演技力のある役者じゃないと務まらないんですね。


映画『ゼロ・グラビティ』特別映像3 2013年12月13日公開 - YouTube